リハビリと音楽

実はmambo!、昨年末に「顎関節症」の手術を受け、現在リハビリ中です。

 

年賀状にこの旨を書いたところ、関係各所からの反響が大きく驚いています。

 

(10年ほど前に、アフロヘアーのカツラをかぶった家族写真年賀状を送った時以来の反響)

 

極めて私的な事ですが、ご報告させて頂きます。

 

 

 

15年前  歯科医から「口が開きにくい」と言われる

10年前  プチトマトが口に入らなくなる。指2本分の開口。

4年前  ハンバーガーにぎり寿司を分解または圧縮しないと食べられなくなる。

昨  年   食パンが入らなくなる。指1本分の開口。紹介状を持って大学病院へ。

 

 

半年ほど検査とリハビリ治療を重ねましたが、改善が見られないので手術しました。

口の中からメスを入れ、左右の下あごの骨を一部切除しました。

 

術後の痛みは時が解決してくれていますのでご心配なく。

 

本当の闘いはこれから。

 

辛く苦しいリハビリの向こうに完治があるとのこと。

毎日2時間おきに、大きな洗濯バサミのような器具を使って、口をあける訓練をします。

15年間にわたって固まりきった顔面筋肉はすぐさま悲鳴を上げ、腫れ上がります。

おかげで、ちょっとぽっちゃりな顔になりました(HP「講師紹介」写真参照)

 

そこで!!

 

やられっぱなし(リハビリ)じゃ悔しいので「リハビリ時に効く音楽」を研究しました。

 

自宅に引いてある有線(USEN)チャンネルから「レゲエ」をチョイスしてみました。

スローでポップなリズムが、ふさぎがちな気持ちを癒してくれます。

独特な響きの歌詞が笑いを誘います。

 

すると、どうでしょう。昨日のリハビリ通院で改善が見られたのです。

担当医の先生もあまりの開きっぷりに驚いていました。

 

しばらくは「レゲエ」のリズムに乗りながらリハビリに励みます。

この病気、まだまだ未知なる部分が多いとの事。

 

mambo!が「リハビリに効く音楽」を研究発表するかもね。

 

ふふふ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    miki (土曜日, 08 1月 2011 11:54)

    伺っただけで、痛そう(><)
    でも、お食事をご一緒しても、
    全然、気が付かなかった・・・。

    今月の研修では、お会い出来るでしょうか。
    元気な姿が見たいです(o^^o)

  • #2

    つっち (土曜日, 08 1月 2011 23:26)

    ホント、
    mambo!様のリズム感たっぷりなおしゃべりに
    腹を抱えて笑っていた私・・・
    ぜんぜん気がつきませんでした~

    手術されますますパワーアップ?
    お会いするのが楽しみです。

  • #3

    mambo! (日曜日, 09 1月 2011 00:12)

    miki様へ

    病院でのリハビリは辛いです。
    大の大人が叫び声を上げます。
    このままじゃ悔しいので、「ボイストレーニング」を兼ねています。

    「あー」(アルトの音域で叫ぶ)
    「あー↑」(ソプラノの音域で叫ぶ)
    「あー↓↓」(バリトンのつもりの音域で叫ぶ)

    とこんな具合です。

    お食事はスパゲティだったから気が付かなかったのでしょう。
    メガマックランチなら一目瞭然でした。

    研修でお会いできることを楽しみにしています。

  • #4

    mambo! (日曜日, 09 1月 2011 00:18)

    つっち様へ

    口を開けずに、リズミカルなしゃべりをする私って「腹話術師」?
    まだ多少のしびれが残っているので、今度は聞き役に回ります。
    でも、あんまり笑わせないでね、顔面が痛いから。

    研修でお会いできることを楽しみにしています。