列車、雷、風、雨、海

エレクトーンにはたくさんの効果音が内蔵されています。

 

馬、足音パンチ、電話、笑い声、小鳥、ジェット機、花火まだまだあります。

これらは鍵盤と連動して発音させる事が出来ます。

 

今日はこの効果音を使ってレッスンをしました。

 

「先生は泥棒になります。そーっとそーっと歩くから、それに合わせて『足音』を弾いてね」

→コツン・コツン・コツン・コツン

四分音符のリズムを小さな音で注意深く弾いてくれます。

 

「あぁ、大変。おまわりさんに見つかったわ!」

→コツ・コツ・コツ・コツ・コツ・コツ・コツ・コツ

八分音符のリズムを大きな音で歯切れよく弾いてくれます。

 

さらに『パンチ』も使ってリズム打ちの練習をしました。

自然とリズムにはアクセントがつきました。

 

全ての効果音を聴いた中で彼女が選んだのは『列車』『雷』『風』『雨』『海』。

 

「電車に乗って大好きな海に行くの。飛行機は怖いからいや。

海で遊んでいたら風がびゅ~びゅ~吹いてきて雨が降ってきたの。

雷も鳴ったからおへそを隠して逃げるの」

断片的な音を聴いて小さなお話を作ってくれました。

 

彼女がエレクトーンで弾ける曲はまだわずかですが、

心の中ではたくさんの音が鳴っているようです。

 

これから、この小さなお話をもとに曲を作ろうと思います。