2011年

1月

29日

うれしいプレゼント

 

可愛い生徒さんからプレゼントを頂きました。

 

←この美人さんの似顔絵はもちろん、し。

 

ママといっしょに作ったクッキーも添えてありました。

 

とーってもおいしかった。ありがとう。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

で、こちらは→、同じ生徒さんが昨年夏ごろに描いてくれた、やはり私の似顔絵。

 

大きなマルがきれいに描けるようになったね。

細く短い線(まつ毛ね)が描けるようになってるね。

描く顔の表情が豊かよ

そして、なんと!、手足が生えているわ

 

 

 

 

 

幼児の描く絵からはいろんなことが読み取れる。

 

 

自分の手足を十分に意識できるようになってから、描く絵にも手足を描くそうな。

 

だから、幾つになっても周りの大人があれこれ先回りしてお世話していると、

手足の無い絵を描く。

 

家族の絵を一枚の絵に描いたとき、誰を大きく描くか、誰を中心に描くか、

これで、家族内の関係もうかがえるらしい。

 

 

 

ほんの数カ月の間に、子供たちはものすごいスピードで成長と発達を遂げている。

 

靴を揃え、脱いだ上着をたたみ、カバンからテキストを出す。

月初めにはお月謝袋を出し、「よろちくおねがいちます」と言って手渡してくれる。

この間は、「自分で上着のボタンをはずすの」と格闘してた。

 

 

この発達と成長に寄り添って、音楽を楽しむお手伝いができたらなとしみじみ思いました。

 

mambo!のうれしいコレクションがまたふ~えた。