萌える…いや、燃える「おんぷカードバトル」

 

読譜の勉強のために「おんぷカード」(くおん出版)を使っています。

 

今日のレッスンでも使用しました。

 

教室に何気な~く3枚だけ置いておくと「先生、これなあに?」と興味を示しました。

(初心者には3枚だけというのが大事です。たくさんあると混乱をきたします)

 

 

チャーンス!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「おんぷカードっていうの。ライオンさんの絵とひらがなが書いてあるね」

(あえて裏側のイラストを見せる)

「あ!、これは『み』って書いてあるよ。わかる!」

(小さな生徒さんですが、自分の名前に出てくる字は読めるのです)

 

裏面のひらがなの読みを教えてから、いよいよ表面へ。

五線上の音符の位置を確認します。

『ど』『み』の2枚のカードを使ってあてっこをしました。

 

充分なれたところで、「おんぷカードバトル」開始!

 

まず、タイマーの使い方を教えます。

(呼吸を整えて集中力を高め、準備ができたら自分でスイッチオンするのです)

60秒でいくつ音符を読めるかスタート→はいっ」どっ!」はいっ」「みっ!」「はいっ!…ピピピ。

 

結果→17個読めました。ぱちぱちぱち。

 

「先生、簡単すぎる~」と言うので、『れ』のカードも使いました。

 

結果→8個読めました。ぱちぱちぱち。

 

『れ』と『み』の区別が難しいのです。

 

「レモンの『れ』はすっぱいからお皿(五線)から落っこちそうね。みかんの『み』は美味しそうだからお皿(五線)にのせて食べましょう」とお話しすると分かってくれました。

 

当然、「バトル」ですから、私も参戦します。

生徒が出すカードを読みあげます。

最初はテンポよく読みあげます。

 

「はい、先生これは?」「『れ』です!」はい、先生これは?」「『ど』です!」…。

このまま読みあげていては大差をつけて私が勝ちます。

それでは大人気ないので、後半は軽く忘れた振りをします。

 

「はい、先生これは?」「…う~ん、分からない。教えて~」「『み』よ。分かりますか?」「はい、分かりました」。

後半はずーっと彼女に教えてもらい、タイムアップ。先生の負け。

 

先生に勝てて、そして教えてあげられて、とても嬉しそうな彼女でした。

いつの間にか苦手だった『れ』と『み』の区別もつくようになっていました。

 

来週も「おんぷカードバトル」で萌えます(←漢字変換するとこう出るのだ)…燃えるぞ~。

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    YOYO (水曜日, 09 2月 2011 20:30)

    こんばんは!
    私も同じカードつかってます♪
    なるほどタイマーを使って・・・というのも緊張感があっていいですね!!
    またいい使い方があったら教えてください♪

  • #2

    (木曜日, 10 2月 2011 05:45)

    YOYO様へ

    いらっしゃいませ!
    「おんぷカード」のアイデアいくつかあります。
    生徒の年齢に合わせて試行錯誤を重ねているところです。
    また、レポートしますね。
    YOYO様の「技!」も教えてください。

  • #3

    つっち (木曜日, 10 2月 2011 14:48)

    わ~パチパチ・・・
    白熱おんぷカードバトルを観戦した気分で
    思わず拍手してしまいました~

    私もこのカード使っています。
    ど・れ・み だけボロボロ・・・
    あとのカードはあまり使ってないので
    mambo様流も参考にさせていただいて
    考えようと思います!

  • #4

    aika (木曜日, 10 2月 2011 23:29)

    mambo!先生、私もお邪魔します!

    私もこのカードを持っていて、たまに使っていましたが、
    ちょうど年明けのレッスンから、譜読み強化キャンペーンとして
    カードの速読みトレーニングを始めているところです。
    フラッシュカードのようにひたすら読んでいく…というものですが、
    だんだんスピードが上がったり、音域も広げられたり、
    それぞれに成果が出ているような気がしています。

    ちなみにこのカード、
    大きいサイズなので音符は読みやすくていいのですが、
    いつもカードをシャッフルするのに一苦労です…(笑)






  • #5

    mambo! (金曜日, 11 2月 2011 18:15)

    つっち様へ

    「おんぷカードバトル」をするとなぜか生徒はピョンピョン跳びます。
    「ドーっ!」ピョン!、「レーっ!」ピョン!てな感じで。
    私もつい「当たりーっ!」ピョン!と跳びます。
    でもね、間違えたときは小声で「レじゃなくて…みかんの…」とヒントをあげちゃいます。
    60秒跳ぶといい運動になります。

  • #6

    mambo! (金曜日, 11 2月 2011 18:23)

    aika様へ

    譜読み強化キャンペーンいいですね。
    生徒別にグラフを作ってみようかな?

    「おんぷカード」が面白かったのか、自分で作ってみると言った生徒がいました。
    (レッスンノートの宿題欄に「おんぷカードを作る」とうれしそうに書いていました)
    どんなカードを作ってくるか楽しみ。
    読んで、さらに自分で書いたらばっちり覚えられるでしょうね。