「サウンド・カーニバル2011」始動!

生徒さんたちに「サウンド・カーニバル」(生徒対象のアレンジコンテスト)に

参加の意向を聞いてみました。

 

みんな「出たい」とのお返事。

 

簡単な聞きとりでしたがたくさんのアイデアが出てきました。

 

「今年は自分だけの曲を作りたい」「『森のくまさん』をもっと面白い音に改造したい」

「ヒーローが出てきそうなめっちゃかっこいい曲がいい」……。

 

子供たちの無限のアイデアを実現化させるため、

私も更なるエレクトーン研究を積まなくては!と思いました。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Chiharu (水曜日, 20 4月 2011 20:51)

    前向きな生徒さん達ですね(^^)
    私もぜひ参加してもらいたい。と思ってるのですが、切り出し方や説明がなかなか難しそう。と勝手に躊躇。
    そして、私の引き出しの少なさに、私が弱腰になっています…。

  • #2

    an (水曜日, 20 4月 2011 22:22)

    もうそういう時期なんですね@@
    私は12月にいつも出しているのでなんかこの時期は
    頭が動いてくれません><
    mambo先生と生徒さんのアイデアいっぱいのアレンジ
    楽しみです♪

  • #3

    mambo! (木曜日, 21 4月 2011 15:56)

    chiharu様へ

    まずは、生徒自身に考えてもらいます。
    「おうちのエレクトーンをたっくさ~ん触って、かっこいいリズムや素敵な音色を探してきてね」というのが宿題です。
    私はそれをもとにすこ~し相談に乗るだけす。
    あとは、データを組んであげる事かな(←これが大変…)

    引き出しはね、生徒が持っているものでいいと思うよ。

  • #4

    mambo! (木曜日, 21 4月 2011 16:13)

    an様へ

    仕事が遅いので、早めに取り掛かります。

    昨年参加した生徒さんは、自分で作った曲にとても愛着があったようです。
    多少難しい部分も練習を積み、ど根性で弾けるようになりました。感心。

    曲作りに長く時間をかけたので、その間にメキメキと上達していきました。
    夏のビデオ審査のころ曲をさらにバージョンアップして、秋の合同発表会で演奏しました。
    「発表会に出たくない」と泣きじゃくっていた生徒さんとは思えないほど堂々としていました。感動。

    また、感動したくて参加をけしかけました。