かっこうアラカルト

もうすぐ「かっこう鳥 」(チェコスロバキア)の曲を学習する生徒さんがいらっしゃいます。

 

ふたつ前のテキストですでに学習した「かっこう 」(ドイツ)とは違います。

 

この「かっこう」という鳥は鳴き方に特徴があるからでしょうか、いろいろな国で作曲されています。

 

ドイツ、フランス、ポーランド、スウェーデン、チェコスロバキア。

 

それぞれ調性や調子は異なるものの、「かっこう♪」と鳴き声を表現している部分が盛り込まれています。

 

学習の前に、この各国の「かっこう」を弾いて聴かせてみようと思います。

 

「クイズです! いまから演奏する曲はどれも同じ鳥の曲です。その鳥はなんでしょう?」

 

わかるかな~。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Chiharu (木曜日, 02 6月 2011 21:07)

    そんなにたくさん「かっこう」があるんですね?!
    知りませんでした^^;
    生徒さん、回答出来たらすごいですね!

  • #2

    mambo! (金曜日, 03 6月 2011 05:41)

    chiharu様へ

    数年前に研修で取り上げられていました。
    「初めての曲との出会いを大切に」というタイトルでした。
    やはり、研修は参加しないとね。
    そして資料もちゃんとファイリングしておかないとね。
    (資料棚が崩壊して…。まだ困っています)