Am(エーマイナー)の響き~続編~

今日のレッスンでイ短調のスケールを学習をした生徒さんがいます。

 

この生徒さん、すでにハ長調ト長調は学習済みです。

 

いつも、初めての調に出会った時の生徒さんたちの反応が楽しみです。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

mambo!  自然的短音階♪~ 和声的短音階♪~ 旋律的短音階♪~

       (短調にはいろいろな種類のスケールがあるのです)と弾きました。

 

生   徒   「えぇぇ、うわぁ」と何やら衝撃を受けていました。

 

mambo!  「初めての調ね。イ短調よ。どんな感じがした?」

        (先日いただいたブログのコメントからヒントをいただき、

        「悲しい」「暗い」などのキーワードを避けました)

 

生   徒   「むか~し昔、おじいさんが古い街並みを歩いている感じ。

         その街にはお茶を飲む小さな店があるの。

         お店のお客さんはひと言も話さずにお茶を飲んでる。

         テーブルにはろうそくが1本だけついている。静かで薄暗い感じ」

 

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

ひとつの調のスケールを聴いてこんな状況が浮かぶなんてうらやましい。

 

私も一緒に想像させてもらいました。

 

来週はイ短調のカデンツの学習をします。

 

素敵な物語が出来上がるかもしれません。