習い事をやめるということ

ちょっと、深刻なタイトルです。

 

お子さんに習い事をさせているご家庭でしたら、

だれしも1度は「続ける」「やめる」かで悩んだことがあるかと思います。

 

「続ける」選択をしたならば、親として精いっぱいの応援をしてあげたいものです。

 

 

 

問題は「やめる」選択をした場合。

 

 

 

この結論を出す前にはたくさん考えて頂きたい。

 

①充分なバックアップをしてあげられたか(月謝や送迎、自宅でのトレーニングや練習)

②担当の先生や仲間に相談をしたか(意外と一人で悩んでいるケースが多い)

③何かひとつでも目標を成し遂げることができたか(大会や発表会、記録更新、進級など)

④その習い事が嫌いになってしまっていないか(こうなってはかわいそう)

 

やめるときはぜひいい形で卒業していって欲しい。

まだ幼いこどもさんに「挫折感」を持たせるのは悲しいですから。

 

 

我が家でも数ヶ月前に、息子が体操教室を「続ける」「やめる」かで悩んだことがありました。

でも、親として出した結論は「いまはやめ時ではない」。

すぐに担当の先生とお話し、アドバイスもいただきました。心強かったです。

放課後は公園で母による「鬼指導(爆)」も開始しました。

1日100回のキャッチボール。

2日目は200回、3日目は300回………とトレーニングを積みました。

 

そういえば登園前の逆上がり練習、真冬の縄跳び特訓も懐かしい。

 

 

そして春。

下級生が入会してきたこともあって、我慢強くなってきました。

もう「やめたい」と言うことも無くなりました。

その気持ちは本物のようだったので、新しくユニホームも新調しました。

 

おりしも先日の土曜参観では「ドッジボール大会」が行われました。

泣くほど嫌がってた「ドッジボール」です。

どうなる事かと見ていましたが、生き生きとボールをキャッチして投げ返す姿にホッとしました。

 

けど、誰にも当たらない…。

つぎはコントロールを「鬼指導」しなくてはいけませんね。