みんなのうた、50周年

NHKで放送されている「みんなのうた」が、4月で50周年を迎えました。

 

先日、テレビで特集されていました。

 

さっそくホームページを見てみたら、懐かしさでいっぱいになりました。

 

 

 

「おしりかじり虫」「北風小僧の寒太」「一円玉の旅ガラス」

 

「手のひらを太陽に」「大きな古時計」「ねこふんじゃった」など、

 

あげたらきりがありません。

 

音楽の教科書に載っていたような曲も満載です。

 

 

 

そんな中で1番の思い出の曲は「山口さんちのツトムくん」。

 

中学1年生のとき、音楽の歌唱テストで歌いました。

 

 

 

「みんなのうた」の歴史を見ると、その時代その時代を反映して作られた歌が多いように思います。

 

これからの50年、 どんな曲が歌い継がれるのでしょうか。たのしみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    an (金曜日, 15 7月 2011 10:48)

    中学の音楽のテスト!
    よく覚えてましたね。何かテストにまつわる思い出あるのかしら?
    私は高校時代ならよーく覚えてます。
    イタリア語でカンツォーネ歌わされたから;;

  • #2

    mambo! (金曜日, 15 7月 2011 22:21)

    an様へ

    ふふふ、察しがいい。
    歌のテストで、声量ではなく「度胸」が買われ?校内歌合戦のクラス代表になったのだ。
    ちなみに中学2年生の歌唱テストでは「北の宿から」を歌いました。
    こぶし、まわるよう努力しましたがふるわず。