震災から4ヶ月後に届いた手紙

 

2006年から公益財団法人プランジャパンを介して、ホンジュラスに住む女の子のスポンサーとして支援してきました。

 

途中、何度か手紙や互いの写真のやり取りをし、その成長を家族で喜んでいました。

 

今回、6月をもって支援期間の終了をしましたが、つい先日彼女から手紙が届いたのです。

 

写真の手紙はスペイン語。あわせて英語訳、日本語訳の文章も添付されていました。

 

「(略)…Aracelyは元気です。学校も毎日行って元気にやっています。

 

私と家族はあなたの国で起きた惨事を知り、あなたのためにたくさんのお祈りをしています。

 

神様にあなたが元気でありますようにお願いしています。…(略)」

 

遠く離れた中米の国から4カ月もたって届いた手紙。

 

世界のいろいろな国から応援されているんだなと感じました。