土曜日レッスンを考える

この春から本格的にお仕事を始めたお母様。

 

学校の下校途中に直接教室に来ることで生徒たちは時間をやりくりし、

 

教室到着&レッスン終了メールサービスでお母様に安心していただいています。

 

 

夏休み中の子どもたちとの予定もあれこれ工夫なさっています。

 

そんな中で初めての「土曜日レッスン」をしました。

 

「週末は家族と過ごす」と決めてはいても、平日は6時間授業が増え、お父様お母様は仕事で忙しい…。

 

 

以前、お友達のピアノの先生がこんなことをおっしゃっていました。

 

「私が仕事をしている事で、自分の子どもにおけいこ事をさせてあげられなかった。ちょっと後悔してるの」。

 

自宅で、ご近所のお子さんたちのレッスンをしながら、自分の子どもは何の習い事もしていない…。

 

働く形は様々でも、「平日放課後のおけいこごと」の悩みは同じようです。

 

 

新教室では本格的に「土曜日レッスン」を行っていく予定です。

 

来月には保育園に通うお子さんの体験レッスンもあります。

 

安心して通って頂けるよう工夫していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    jun (日曜日, 24 7月 2011 16:27)

    私も若いころは子ども達に
    スイミングやバレー・ピアノを
    習わせていましたが、送り迎えがすごく大変でした。
    毎回友人に頼むのはとても気がひけます。
    ピアノは先生が友人だったので安心でした。
    息子がソフトに入っていたので土日は
    レッスンは入れませんでした。
    2年ぐらい前からリトミックの卒業生が
    土曜日に(ご両親のお仕事の都合)
    してほしいとの要望があり、
    月謝を安くして月3回でレッスンしています。
    5人全員ご家族の車での送り迎えです。
    今は息子たちも大きくなり
    日曜も暇な時もあります。
    でも日曜位お化粧もせずぼーっとしてたいですよね。

  • #2

    mambo! (月曜日, 25 7月 2011 05:34)

    jun様へ

    いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。
    ご近所のお母様たちはお子さんの習い事の送迎で忙しそうです。
    「近い」「ひとりで通える」というのも、お教室決定の決め手だったりするようです。
    それ以上の満足感を感じて頂けるよう精進いたします!
    追伸:私、化粧をしないと「スイッチ」が入らない体質になってしまいました。面倒です。