「エア・ギター」ならぬ「エア・〇〇〇」!!!

当教室の生徒さんはおかげ様で「練習ばっちり!!」。

 

ご家族のサポートもばっちりです。

 

そうは言っても、長いお休み中は練習不足になりがちです。

 

けれど、mambo!は遠方に住むおじい様やおばあ様と過ごす時間も大切と考えています。

 

なので、レッスンスケジュールを気にすることなく帰省していただきます。

 

(中学生ともなると部活動や勉強で忙しくなり、家族そろっての行動も難しくなってきますから)

 

「練習不足」を承知で休み明けのレッスンをするのですが、常に「練習ばっちり!!」状態の生徒さんがいるのです。

 

教材も進み、にわか練習ではこなせないはずなのになぜ?と不思議に思い尋ねると…。

 

 

 

 

「あのね、エレクトーンがなくても練習してるの。

おひざの上に鍵盤があるつもりで弾いて、頭の中でその曲を歌うの。

そうやって毎日毎日練習したの」

 

………mambo!驚愕………

 

 

 

 

3月の震災後、生徒さんのほとんどがご親戚を頼って横浜の地を離れました。

 

1ヶ月もレッスンを休んだ後に生徒から聞いたこの言葉にとても驚きました。

 

さしづめ、「エア・ギター」ならぬ「エア・エレクトーン」と言ったところでしょうか?

 

 

いま、その生徒さんはおじい様おばあさまと楽しい時間を過ごしていると思います。

 

帰ってきたらまた楽しいレッスンをしましょう。

 

「サウンド・カーニバル」(生徒対象のアレンジコンテスト)の曲も仕上げましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    nao (水曜日, 27 7月 2011 12:08)

    夏休みは だってーー練習できないもん 
    なんて言っている子に 新幹線・車そして お風呂で
    弾いてる真似 してね と送り出しました。

    海外に留学の生徒にも機内食食べたら練習だよ と 送り出しました
    母の気分です。心配。。
    楽譜だけは持っていくそうです。
    思い出してくれるだけで充分ですね

  • #2

    mambo! (水曜日, 27 7月 2011 17:22)

    nao様へ

    旅行の際、ピアニカを一緒に持って行った時の事を思い出しました。
    帰省先の電気屋さんのキーボード売場でコード進行を確かめたこともありました。
    今は、引っ越し準備をしながらも、「ソルフェージュの力」方式で練習をしています。
    練習中の曲を何度も繰り返し聞いて、アドリブの部分を一緒に歌っています。
    アップテンポなので、歌いながらの引っ越し荷造りもはかどります。
    「パッパッパラッパ~♫」「荷造りもぱっぱっぱ~」といった具合に。
    CDと一緒に歌えるくらいになったら弾けるようになるかな。
    生徒さんの帰省中の練習法、興味あります。

  • #3

    miki (水曜日, 27 7月 2011 18:15)

    休みの週には、しっかり休む子どもでした(笑)

    みんな偉いな。

  • #4

    mambo! (水曜日, 27 7月 2011 23:40)

    miki様へ

    無いとなると弾きたくなるへそ曲がりな子どもでした(いまだに?)
    わが息子は、しっかり!休む子どもです(笑)