頭脳労働vs肉体労働

6日後に迫った引っ越しを前に「スランプ」に陥っています。

 

ただ荷物を段ボールに詰め込むだけなら、肉体のみを酷使すればいい。

 

けれど引っ越し後の事を考えるとそうもいかない。

 

要不要品の取捨選択、収納スペースの変化に合わせた詰め替え、各種変更手続き…。

 

これらと並行して、家事育児、毎日の弁当作り、そしてレッスン。

 

ここ数日ひとつも荷造りしていません。

 

大丈夫なのか私!

 

先日読んだ「収納力/芝谷 浩 著」の中に、

「収納とういう作業は頭の中で考える作業が8割、肉体を使う作業が2割」というようなことが書いてありました。

 

どうやら頭の中が混乱しているようです。

 

いつもはピカ~ン!とひらめく「収納イメージ」がわいてこない。

 

なので、ここ数ずつの間に「収納」や「掃除」、「捨てる」などの本を10冊ほど並行読みしています。

 

さあ、今日も午後からレッスンです。頑張ります!(気が向いたら荷造りも)

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つっち (火曜日, 09 8月 2011 23:54)

    カラダに気をつけて頑張ってね!

    荷造りするはずが、
    昔読んだ本が出てきてつい読んじゃったり
    懐かしいアルバムが出てきてつい眺めちゃったり・・
    なーんてことのないように~

    ↑それ私でした☆

  • #2

    mambo! (水曜日, 10 8月 2011 21:09)

    つっち様へ

    ありがとうございます。
    アルバムに夢中になることはありませんでしたが、こどもたちの「思い出箱」の整理に手間取りました。
    ちいさな紙片につたない字で書かれた「ままだいすき」のメッセージが捨てられず…。
    幼稚園から高校までの学級通信、3人のこどもたちの入学最初の「こくごノート」、絵画、普段の落書きなど…満載です。
    これ、mambo!の老後の「玉手箱」なのです。