飛び入りレッスン

先週の事です。

 

 

いつもはお母様と二人でやって来る小さな生徒さんですが、その日は小学生のお姉さんも一緒でした。

 

ちょうどその日のレッスンで「ママとのアンサンブル」を予定していたので、

 

急きょ「お姉さんとのアンサンブル」に変更しました。

 

 

 

その場ですぐに弾ける簡単な曲でしたが、

 

自分のパートを覚える。

 

弾き方を工夫する。

 

リズムのテンポに合わせる。

 

そして、

 

相手の演奏する音をよく聞き、自分の演奏する出番を待つ。

 

ユニゾンの部分では二人の呼吸を合わせる。

 

 

 

すごく難しい事なのです。

 

吹奏楽部や社会人の楽団に所属していた頃、

 

「他のパートの音をよく聞け~!自分の音に精いっぱいになるな~」

 

と先生からアドバイスいただいたものです。

 

 

 

さて、当の姉妹アンサンブル、演奏中の二人は真剣そのものでした。

 

演奏が終わった後、思わず

 

「とても上手にできましたよ。息がぴったりでした。仲良し姉妹なのね」と言いました。

 

 

 

私自身に姉も妹もいないので、なんだかとてもうらやましくなりました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    an (金曜日, 07 10月 2011 22:13)

    簡単な曲でも合わせるとなると大変ですね。
    レッスンも集中しますね~~^^V
    mambo先生は姉、妹がいない・・・
    となると、弟かお兄さんですか?
    お兄さんがいそうだな~~!

  • #2

    mambo! (土曜日, 08 10月 2011 06:32)

    an様へ

    お姉さんとのアンサンブル曲を、今週のレッスンではひとりで演奏しました。
    エレクトーンのレッスンを楽しんでくれています(^^)
    私には弟がふたりいます。
    子どものころは「取り締まり」が大変でした。やんちゃだったもので…。
    姉妹っていいな~。