ソルフェージュの力

当教室に通って20回目のレッスンを迎えた年中の生徒さん

 

お母様曰く 「 普段は 引っ込み思案 」 らしい…。( え? 本当~? ☚mambo!心の声 )

 

お教室では はじけるような笑顔と弾むようなリズム感でレッスンを楽しんでいます。

 

リズムのレッスン も レパートリーのレッスン も 読譜のレッスン も 意欲的です。

 

ところが、歌唱のレッスンではとたんに 「 引っ込み思案 」 になります。

 

はずかしいのかな? むずかしいのかな? 知っている曲は歌えてる、普段の声はよく出てる。

 

 

「先生のまねっこして歌ってね! ドレミ♫ ハイ!」  ☛  「 ( 消え入りそうな声で) ドレミ… 」  

 

 

レッスンの中で必ずメロディとハーモニー(あらゆる調の和音)の模唱 ( まね歌い )をしています。

 

苦手でも、はずかしくても、声が小さくてもいいよ。先生は歌います。楽しく歌います。

 

 

 

昨日の20回目のレッスンで、『 音楽カルタ大会 』 をしました。

 

聞えた音をドレミカードの中から選ぶというもの。

 

全問正解しています。すぐに反応してすばやくカードを取れます。

 

小さな耳はちゃ~んと聞いていて、頭の中で音が鳴っている。 音を感じる力はついているはず。

 

そう信じて毎回歌いかけます。